CLI(景気先行指数)の詳細について

1 作成目的
地域ごとの景気変動パターンの独自性が注目され、地域においても他地域との景気変動パターンの違いを把握することが重要である。
地域の景気動向を的確・早期に把握するため、地域版CLI(Composite Leading Indicators:景気先行指数、以下CLIという。)を作成する。

2 CLIの特徴と作成方法
(1)特徴
CLIは、景気転換について早期のシグナルを与えるように設計されている。
生産の初期段階を計測し,経済活動の変化に迅速に反応し,将来の活動に関する期待に感応的であると考えられることから,景気動向に先立った政策立案に有効である。

(2)作成方法
①データの読み込み 
景気動向指数の個別指標(月次データ)を収集し、整理(エクセルデータ)する。
②データの変換 
期種変換(月次、四半期次)、季節調整(加算式または乗算式)、一定比率のもとでの外れ値の設定などを行う。
③トレンド除去と平滑化
④指定系列の集計 
採用する系列を指定し、ウェイトを変更しながら個別CLI を合成する。
⑤転換点の検出
ブライ・ボッシャン法を用いて指定された系列の転換点を求め、参照系列と比較する。
⑥実際の景気転換点(景気基準日付)を設定する。
ソフトウエア(CACIS; Cyclical Analysis and Composite Indicators System )を利用する。

連携事業
共同研究:兵庫県のCLI(Composite Leading Indicators)の試作について
兵庫県のCLIを県の景気動向指数先行指数の個別指数全体を用いて試算した。その今月の結果は以下の通り。
fig01

最新月報

関連資料
関連リンク